【春待ち日記】ウーラー健康診断【4コマあり】

今日は我が家のにゃんこ姉妹ウーちゃんラーちゃんの健康診断でした。
2012年8月生まれ(推定)なので、ウーラーも10歳に。シニアだよ!
人間にすると還暦くらいなのですって。

ウー(茶多し)とラー(白多し)

不穏な気配に隠れるウー

夏休み中の夫が車を出してくれるので、朝一で出発です。
朝、ウーラーを入れない和室で、猫用キャリーバッグ(折り畳み式)を用意していたら、ガラス戸越しにチャックを開け閉めする音を聞きつけ、ウーが隠れてしまいました。

ウーはラーより病院に行く回数が多かった上に、一度入院と手術も経験しています。
大変ビビリなウーはいち早く病院行きを察知したよう。

 

だけど哀しき食いしん坊・・・

先代の雄猫プーさんは強く賢く、キャリーバッグに入れるのも一苦労だったのですが、ウーラーは食いしん坊・・・とても簡単です。

釣りの柔らか飯の匂いに誘われ、ウーはのこのこ出てきてラーと食べ始めたのでした。
2匹が完食したところで、無事捕獲。キャリーに詰め込むことができました。
「しまったぁ!!!」という顔でしたよ・・・ウーちゃん、ゴメン。

 

ちっちゃい頃から病院は苦手

病院までの車中では、ずっと鳴いていているラー、石のように固まっているウー・・・
小さい頃はひとつのキャリーに2匹入れていたのですが、恐怖のあまりお互いにかじりついてひと塊の猫玉になっていました。
引き剥がすのも大変で、引き剝がした後は大声で呼び合い大騒ぎ。
小さい頃は姉妹が強い共依存状態だったもんね・・・(特にウー)

その頃のことを描いた4コマ(別冊ねこぷに2017年掲載)

ウーラーは3回ほど病院を変わっているので、この漫画は現在の主治医の先生ではありません。
動物病院選びは難しい・・・現在の先生に会えるまで、それは色々ありました。
2つ目の病院もよかったのですが、主治医制ではなくいつも数人のドクターがいて、指名もできないの。
やっぱり決まった先生にお願いしたいのです。
現在の先生のブログと著書を拝読してファンになり、おや?病院近いよ!と受診させていただいたのでした。

 

動物病院で健康診断

久しぶりの健康診断。優しく丁寧に丁寧に、全身診ていただきました。
ラーは夏、左耳に湿疹が出やすいのですが、これは身体が蚊に刺されると耳に症状が出るのだそう。
うち蚊多いしな・・・注射を打っていただきました。

ウーは数年前に肛門腺破裂をやっているので、肛門腺も診ていただき、あまり溜まっていなくて一安心。
ウーはウンコの切れも悪いのですが、肛門周りの問題は、どうやらウーのかぎ型の短い尻尾が関係しているようでした。
尻尾の付け根あたりの筋肉が、長い尻尾の猫のように活発に動かないのですって。
そういえば、ウーの尻尾は固まった感触で、ラーのように自在に動きません。
もうシニア・・・やがて先住猫プーさんのように肛門もジェルなどでマッサージしてやらないとなぁ。

 

お家が一番♪

お家に戻ってきて、2匹とも安心して爆睡。疲れちゃったよねえ。
もう一本、病院ネタ4コマを。(同じく別冊ねこぷに2017年掲載)

小さい頃は爪切りの後なども、なぐさめ合いのべーろべーろが見られて微笑ましかったのだけど、大人になったらむしろダメージ回復まで距離をとるように。

キリッとするウーちゃん
ラーはカメラ向けると姿を消すことが多いので写真はウー多めです

 

数時間ごとに仲良くする2匹

ゆっくり、穏やかに歳をとって、仲良く長生きしてほしいものです。

 

4月に新刊『飼い猫がなつきません 3巻』が出ています。
通勤通学のお供にゼヒ♡
あ、Kndleの半額セールは終わっちゃった・・・でも買って♡
レビューも投稿していただけたら泣いて喜びます~

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ
にほんブログ村 ←クリックしてね