【春待ち日記】レンゲショウマ@赤城自然園

今年も森の妖精レンゲショウマに会いに行ってきました。
赤城自然園は3度です。今回もすごい猛暑日・・・もう熱帯雨林のようでしたよ。
体力温存のためにレンズ交換はなし、カメラ2台体制で臨みました。
レンズごとに分けてアップしてみようと思います。

AUTO YASHINON 5.5cm/f1.8

ボディは SONY α7 。YASHINONラブ。一番よく使うレンズです。

虫君が蜜を吸っています

まだ1分咲きといったところで、ほとんど蕾でしたが、一番花は汚れもなく輝かんばかりの美しさ。
森もまだ草が茂っいなくてすっきりとしていました。
これから森は日増しにうっそうとしていくことでしょう。

今年も会えたねえ。

森の音楽

ボーカルのよう。木琴が聴こえてきそう。

かわいいよ かわいいよ~
開きかけが可愛い。まん丸です。

smc PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited

ボディは PENTAX KP です。

最初は人に勧められてタムロン90mmマクロを買ったんだけど、我が家のベランダ、玄関前共に奥行きがないため、35mmマクロを探して、このレンズを入手。正解でした!ボケ感がとてもいい味で大好きになりました。

森の中のレンゲショウマ

 

虫君と目が合った!?
陸に上がりたての子蛙

実は今回の赤城自然園、私の本命は子蛙でした。
や、レンゲショウマはもちろん大好きで楽しみなんだけど!
2年前、最初に赤城自然園に行った時に子蛙祭状態だったんでですね。
写友さんとも今回は子蛙に時間をかけようと話していたんです。

でも早過ぎた模様・・・
池の中にでっかいオタマジャクシが沢山いたのでこれからのようでした。
写友さんが1匹、私が1匹見つけて、2匹だけ子蛙を確認。
まだ長い尻尾つき。可愛いなぁ。会えてよかった。
ちょこっと尻尾が残っている子蛙は何度も見たけれど、ここまで長い尻尾をつけた子は初めてでした。

そして・・・今回のサプライズ(ピンボケだけど)

おや!?

何か横切って・・・おおおお~ アナグマの親子でした!

お尻を振りながらかけて行く親子

私たちに気づいて走り出し、あっという間に森の奥へと消えていきました。
一瞬のことだったので、ピントも合わせられずシャッターも2回しか・・・
でもうれしかった~。

私の心の中で、子蛙を追い抜きアナグマが首位に躍り出たという瞬間でした。

 

オマケ。これはスマホ。

渋川でランチ。
リーズナブルでとっても美味しいイタリアンのお店でしたが、お店の名前を控え損ね・・・パスタも撮り忘れて写真はデザートだけ。
暑さとカメラの重さで、もうヘトヘトでボ~っとなっていました。
レンズ交換なしならカメラ2台でいけるかと思ったけど、この暑さではもうカメラ1台がやっとかもなぁ。

楽しい夏の日でした。